ニャンコ  カテゴリ:トリビア の記事一覧

 | TOP | 

 ニャンコ  「意外や意外…きっと驚くに違いない10のトリビア」

ラバQ  「意外や意外…きっと驚くに違いない10のトリビア」
     
 http://labaq.com/archives/51724204.html


ご覧になれない方は、画像はありませんが下記をご覧ください。

1. バグパイプは実はスコットランドではなく、ペルシャで作られた

2. バスケットボールはカナダ人の医者によって発案された

3. ハイタッチというものは1977年まではなかった

3. "Hello"「ハロー」という言葉は、電話の受け答えのためにエジソンが考えた

4. 野球は最初イギリスで考案された

5. 綿菓子はウィリアム・モリソンという歯医者によって考案された

6. ペット用ドアはアイザック・ニュートンにより発明された

7. ルービック・キューブは本来おもちゃとして作られたわけではない
ルービック氏が、生徒に立体を理解するために授業で使うツールとして作ったそうです。

8. ビッグ・バン理論はカトリックの神父によって提唱された
えっと、神による天地創造はどうなったのでしょうか…。

9. アスピリンを作った製薬会社が風邪薬としてヘロインも作った
元は風邪薬だったのですね。

決して何かの役に立つかというとそうとも限りませんが、物事の意外な側面を知ると、見方も変わってくるんじゃないでしょうか。
世の中はまだまだ意外であふれているようです。




 ニャンコ  意外にも牛が関係していた盛り塩

玄関先に、盛り塩をする所以について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

盛り塩 =客を集める縁起担ぎである。由来は秦の始皇帝の故事にある。
始皇帝は、阿房宮に美女を多数住まわせており、牛車に乗って阿房宮を巡り、
牛が立ち止まったところで宿泊することにしていた。

あるとき数日続けて、同じ場所で牛が足を止めることがあった。
その理由は、その場所に住んでいる女が、塩を盛り付けて置いたためであり、
牛は塩を舐めるためにそこに立ち止まったという。

これが由来となって、盛り塩を出入り口に盛ることによって客を呼び寄せる
縁起ものとして定着されてきたのです。

清めの塩=日本神道では、塩を穢れを祓い清める力を持つとみなし、
祭壇に塩を供えたり、神道行事で使う風習がある。

また、日本においては死を穢れの一種とみなす土着信仰があり、葬儀後、
塩を使って身を清める風習もある。

これは仏教式の葬儀でも広く行われるが、仏教での死は穢れではないとして葬儀後の清めの塩を使わない仏教宗派もある。 尤も、神仏習合の名残ともいえる。

さらに、相撲においては、取組み前に塩を使って土俵を清める。これは、神道思想に
基づくものであるが、同時に塩による殺菌効果もある。

一般の家での盛り塩は邪気が入り込まないようにという意味合いが
込められています。

Yahoo知恵袋より抜粋 ベストアンサーに選ばれた回答

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今でもスナック等、商売をされておられる玄関先の左右に盛り塩をされているのを
見かけたりしますが、
要は、厄除けや商売繁盛のためのようで、その昔、疲れた牛は塩分補給の為に
岩塩を舐めることがあるとも言われていたようです。






 ワンコ  プロフィール

開喜 眞

Author:開喜 眞
国籍   日本
性別   女性
血液型 A型

アニマルコミュニケーター
開喜 眞(ひらき しん)の
公式ブログにようこそ!

大阪府で現役の
アニマルコミュニケーター
として活動中です。

アニマルコミュニケーター
養成通信講座、
受講生随時募集中です。

動物に対する
リーディング&
アニマルコミュニケーションの
ご依頼もお受けしております。

アニマル
コミュニケーター歴20年
ヒーラー歴30年
(2011年現在)

 ワンコ  最新記事
 ワンコ  カテゴリ
 ワンコ  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

 ワンコ  検索フォーム
 ワンコ  リンク
 ワンコ  QRコード

QRコード

 ワンコ  カレンダー

 ワンコ  HP内容出張版
 ワンコ  おすすめブログとしてご紹介いただきました
おすすめブログとしてご紹介していただきました!
 ワンコ  熱帯魚
 ワンコ  黒猫 YOUちゃん
 ワンコ  天気予報

都道府県をクリックすると、
詳細が表示されます。


-天気予報コム- -FC2-
 ワンコ  時計